ピアスの流行はいつから?ピアスの発祥から今日までの歴史を紐解く!

みなさんが普段オシャレとして身に着けているピアスですが、現代のようにファッションとして流行に至る以前のピアスの歴史をご存知でしょうか?

何気なくファッションとして身に着けていますが、ピアスの歴史を知ることで今までとは違った見方でピアスを楽しむことができます。

今回は、ピアスの誕生から現代に至るまでの歴史についてご説明いたします。

ピアスの発祥はどこ?

ピアスは古代エジプトやインダスが発祥地であると言われています。そのためピアスの歴史は古代インダスやエジプト文明にまで遡ることになります。

この頃は、ピアスは装飾するための女の子がつけるアクセサリーという概念ではなく、邪悪なものから身を守るための「魔除け」のようなものでした。

昔の人は、病気や自然災害を悪魔の仕業であると考えていて、人の体の穴は外界から魔物が入ってくると思われていました。

悪魔は光り輝くものを嫌うため、耳や鼻などにピアスを用いて身を守るために用いられました。

そのため、インドで子供が生まれるとすぐにピアスを装着するのは、このような考えがあるからです。

日本ではいつから?

日本でのピアスの始まりのイメージとして、戦後しばらく経ってから定着したように思われていますが、実は日本にもピアスに関するエピソードがあります。

たとえば、大仏様やお釈迦様の耳をよく見ると、大きな穴が開いているのが分かります。実は、仏教用語でピアスホールは耳朶環(じだかん)と呼ばれ、ピアスは幸運・知恵を呼び込むと考えられていました。

現代のピアス

魔除けのアイテムとして広く使用されたピアスですが、次第にそのような習慣は廃れていき、今ではファッションとして若者を中心に人気があります。

日本でも若者を中心にピアスは人気ですが、今でもピアスは反社会的なイメージが残っています。

このような否定的な意見には、「なぜ体に穴を開ける必要があるのか」「親からもらった体を傷つけるのか」などといった考えがあります。

ですが、ピアスの価値観は他人が決めることではなく自分で決めることです。自分を表すファッションアイテムの一つとしてピアスを楽しみましょう。

まとめ

ピアスの誕生から現代に至るまでの歴史について触れていきました。現代とは全く異なる意味で、ピアスの持つ役割が非常に大きかったことがお分かりになったと思います。

これからピアスを使用する際には、ピアスの歴史を意識しながらご使用してみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

HSP ショップリンク

人気記事

  1. ピアスを既に開けている人なら、一度は鼻ピアスを開けようかと考えたことがありませんか?日本では…
  2. 鼻ピアスを開けたいと考えている方は多いのではないでしょうか。鼻にピアス穴を開けるのは痛みを伴い、…
  3. ボディピアスと聞くと体のどこのパーツをイメージしますか?耳のピアスについては知っていても、ボ…
  4. ヘソピアスの手入れ方法がわからないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。個性を表現できるヘソピアス…
  5. 「ボディピアスを新しく始めたい!」「でも初心者でよくボディピアスのことは分からない」とい…
  6. みなさんにとってピアスは身近に感じるものでしょうか?ピアスをあけていないという方でも、街中でピア…
  7. みなさんが普段オシャレとして身に着けているピアスですが、現代のようにファッションとして流行に至る以前…
  8. ボディピアスといえば口からへそ、鼻など様々な部分のピアスのことを指しますが、やはり王道のピアスといえ…
  9. 皆様は、ピアスに意味があるというのを聞いたことありませんか?ピアスの数やつける位置によっても意味…
  10. 皆様は、ピアスをつける個数や場所によって意味が異なることをご存知ですか?ピアスによって運気が向上…
PAGE TOP