ツタンカーメンもピアスをつけていた?ピアスの歴史・流行をたどります

みなさんにとってピアスは身近に感じるものでしょうか?
ピアスをあけていないという方でも、街中でピアスをつけている人をたくさん見かけることは多いと思います。
今では、ピアスはアクセサリーとして当たり前に使用されていますが、3000年前までピアスはアクセサリーとして使用されていませんでした。
この記事では、そんなピアスの歴史についてご紹介します。

 

□ピアスの起源

ピアスの起源は、インド・エジプトなどの古代文明までさかのぼります。
元々のピアスの意味は、魔除けであったと言われています。
古代においては、何か悪いことが起きると、それは悪魔の仕業であると考えられてきました。
そのため、悪魔が嫌う光物を身に付けることで悪魔を遠ざけ、悪いことが起きるのを防ぐ目的で、人々がピアスを身に付けるようになりました。
しかし、古代においては、ピアスは王様や貴族などの特権階級の人でしか身に付けることができませんでした。
その実例として、ツタンカーメン王の例が挙げられます。
ツタンカーメン王の墓からはピアスが副葬品として埋葬されているのが発見されており、古代エジプトではピアスは身分の高い人が身に付けるような価値のあるもだったことが分かります。

 

□ピアスがファッションとして一般的になった経緯

ピアスが古代において魔除けであったことをご説明しましたが、現代ではピアスはファッションの一部となっています。

1950年代に入るまで、ピアスはファッションとして一般的なものではありませんでした。
耳を傷めるピアスは不衛生なものとして考えられており、また、安価なイヤリングが流通していたため、ピアスはマイナーなアクセサリーでした。
ピアスに人気が生まれたきっかけは、1951年にエリザベス王女がピアスをしたことでした。
これによって、多くのイギリス女性がピアスを付けるようになり、このブームがヨーロッパやアメリカに広がりました。
さらに、1960年代にアメリカで公民権運動が盛んになった結果、黒人女性のアクセサリーであったピアスが見直されるようになり、ピアスブームが加速しました。
このような経緯があり、ピアスは現代人にとって一般的なアクセサリーとなったのです。

 

□まとめ

今回は、ピアスの歴史についてご紹介しました。
ピアスは、古代では魔除けとして、現代ではファッションの一部として使用されていたことが分かりました。
この記事を読んで、ピアスをより深く理解するきっかけとなれば幸いです。

HSP ショップリンク

人気記事

  1. ピアスを既に開けている人なら、一度は鼻ピアスを開けようかと考えたことがありませんか?日本では…
  2. 鼻ピアスを開けたいと考えている方は多いのではないでしょうか。鼻にピアス穴を開けるのは痛みを伴い、…
  3. ボディピアスと聞くと体のどこのパーツをイメージしますか?耳のピアスについては知っていても、ボ…
  4. ヘソピアスの手入れ方法がわからないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。個性を表現できるヘソピアス…
  5. 「ボディピアスを新しく始めたい!」「でも初心者でよくボディピアスのことは分からない」とい…
  6. みなさんにとってピアスは身近に感じるものでしょうか?ピアスをあけていないという方でも、街中でピア…
  7. みなさんが普段オシャレとして身に着けているピアスですが、現代のようにファッションとして流行に至る以前…
  8. ボディピアスといえば口からへそ、鼻など様々な部分のピアスのことを指しますが、やはり王道のピアスといえ…
  9. 皆様は、ピアスに意味があるというのを聞いたことありませんか?ピアスの数やつける位置によっても意味…
  10. 皆様は、ピアスをつける個数や場所によって意味が異なることをご存知ですか?ピアスによって運気が向上…
PAGE TOP