ヘソピアスの手入れ方法ってどうすればいいの?注意点も解説!

ヘソピアスの手入れ方法がわからないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。
個性を表現できるヘソピアスはおしゃれですが、手入れ方法は分かりにくいですよね。
難易度が高いのできちんと手入れしないと失敗してしまうかもしれません。
この記事ではそんなヘソピアスのケアや手入れ方法、そしてその時の注意点についてご説明します。

 

□ヘソピアスの手入れ方法

*開けるとき

これはケアではないですが、開けるときは極力皮膚科に行って開けてもらうようにするのがおすすめです。
そうすることで、後からの負担も少なく手入れも楽になるということを覚えておいてください。
また、自分でやった後でも皮膚科でやってもらった後でもアフターケアは等しく大事です。

*開けた直後

開けた直後はむやみに触ったり消毒液をつけたりしないようにすると良いでしょう。
このときに腫れや痛みがひどければ、セルフで行った人も病院で診てもらうのがおすすめです。

*お風呂の中

お風呂ではへその周りをそれ以外の部分の勢いで洗ってしまわないように注意してください。
へその周りは石鹸の泡で優しく洗って、数日後に痛みが治ってからピアスを回して洗うようにするのがおすすめです。
これを1日1回やっていると細菌に感染して腫れてしまう可能性は非常に少なくなります。

□ヘソピアスを開けたら注意すること
ピアスを開けてから安定するまでは注意することが多いので、1つずつ解説していきます。

*うつ伏せにならない

うつ伏せになると痛いです。
また、体の重みで傷口が悪化してしまうこともあるので、寝るときは必ず仰向けになるようにすると良いでしょう。

*海やプールに行かない

細菌に感染してしまう可能性があるので、海やプールには行かないようにしてください。
細菌に感染して腫れたり痒くなったりしてしまうと、せっかくのおしゃれが台無しですよね。
夏に遊びに行きたいのならば5月や6月に穴を開けておいて、夏には確実に安定しているという状態にしておきたいものです。

*ピアスを外さない

これは他のピアスにも言えますが、穴が安定するまではピアスを外さないようにしてください。

□まとめ

この記事ではヘソピアスの手入れ方法と注意点についてご説明しました。
細菌に感染してしまうような場所を避けて、お風呂でしっかりとケアするのが大切です。
また、うつ伏せになったりピアスを外してしまったりするのも避けた方が良いとお伝えしました。
正しい手入れをしておしゃれなヘソピアスをつけられると理想的ですね。

HSP ショップリンク

人気記事

  1. ピアスを既に開けている人なら、一度は鼻ピアスを開けようかと考えたことがありませんか?日本では…
  2. 鼻ピアスを開けたいと考えている方は多いのではないでしょうか。鼻にピアス穴を開けるのは痛みを伴い、…
  3. ボディピアスと聞くと体のどこのパーツをイメージしますか?耳のピアスについては知っていても、ボ…
  4. ヘソピアスの手入れ方法がわからないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。個性を表現できるヘソピアス…
  5. 「ボディピアスを新しく始めたい!」「でも初心者でよくボディピアスのことは分からない」とい…
  6. みなさんにとってピアスは身近に感じるものでしょうか?ピアスをあけていないという方でも、街中でピア…
  7. みなさんが普段オシャレとして身に着けているピアスですが、現代のようにファッションとして流行に至る以前…
  8. ボディピアスといえば口からへそ、鼻など様々な部分のピアスのことを指しますが、やはり王道のピアスといえ…
  9. 皆様は、ピアスに意味があるというのを聞いたことありませんか?ピアスの数やつける位置によっても意味…
  10. 皆様は、ピアスをつける個数や場所によって意味が異なることをご存知ですか?ピアスによって運気が向上…
PAGE TOP