耳ピアスの位置ごとの名前は?痛みについても解説!

耳ピアスを開けようと考えている方は多いのではないでしょうか。
耳ピアスと言ってもひとくくりにできないほど、耳の様々な位置にピアスを開けることができます。
耳ピアスの位置の名前はもちろんのこと、痛みについても気になるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、耳ピアスの位置の名前と開けた時の痛みについてご説明します。

 

□耳ピアスの位置とそれぞれの名前

*イヤーロブ

イヤーロブとは耳たぶに開けるピアスのことを言います。
一般的で人気も高いので、初めての方にもおすすめです。
軟骨にピアス穴を通さないので、痛みもそこまでひどくないことからも難易度は低いと言えるでしょう。
イヤーロブを開ける時は何個も開けたり、穴を大きくしていったりすると個性を出せるのでおすすめです。

*ヘリックス

ここからは全て軟骨ピアスになります。

ヘリックスは耳の1番外側の上につけるピアスのことで、軟骨ピアスの中では難易度が低いことで有名です。
ここを開けると耳たぶだけの時よりもピアスの幅がかなり広がるので、イヤーロブに飽きた方や一歩上のおしゃれをしたい方におすすめです。

*ロック

ロックはあまり一般的ではないので聞きなれないかもしれません。
これは耳の上にある少し出っ張っている軟骨に穴を開けるピアスのことで非常に難易度が高いです。
ただその分アイキャッチで、派手なおしゃれをすることができます。
自分でやるのは難しいので皮膚科で開けてもらうことをおすすめします。

*トラガス

トラガスは耳と顔の間にある出っ張りに貫通させるピアスのことで、ロックよりかは難易度が下がります。
ヘリックスと別の場所に開けたい方や顔に近い部分が寂しい方におすすめです。

□痛みについて

イヤーロブ以外は軟骨に開けるピアスなので痛みが伴います。
ただヘリックスだけはイヤーロブとそこまで痛みが変わらないと言う人もいるようです。
もしヘリックスの痛みを少なくしたいならピアッサーでなくニードルを使うのをおすすめします。
トラガスも他の軟骨ピアスに比べると痛みが少ないと言われています。
しかし、開け方が悪かったり、体質があっていなかったりすると大きな痛みを伴う可能性もあることを覚えておくといいでしょう。
ロックは、かなりの痛みと腫れが伴うので病院でやってもらうことをおすすめします。

□まとめ

この記事では耳ピアスの位置の名前と痛みについてご説明しました。
それぞれの名前と特徴、そして痛みの大きさの目安がわかったのではないでしょうか。
この記事を参考に、自分に合う耳ピアスをしてみてはいかがでしょうか。

HSP ショップリンク

人気記事

  1. ピアスを既に開けている人なら、一度は鼻ピアスを開けようかと考えたことがありませんか?日本では…
  2. 鼻ピアスを開けたいと考えている方は多いのではないでしょうか。鼻にピアス穴を開けるのは痛みを伴い、…
  3. ボディピアスと聞くと体のどこのパーツをイメージしますか?耳のピアスについては知っていても、ボ…
  4. ヘソピアスの手入れ方法がわからないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。個性を表現できるヘソピアス…
  5. 「ボディピアスを新しく始めたい!」「でも初心者でよくボディピアスのことは分からない」とい…
  6. みなさんにとってピアスは身近に感じるものでしょうか?ピアスをあけていないという方でも、街中でピア…
  7. みなさんが普段オシャレとして身に着けているピアスですが、現代のようにファッションとして流行に至る以前…
  8. ボディピアスといえば口からへそ、鼻など様々な部分のピアスのことを指しますが、やはり王道のピアスといえ…
  9. 皆様は、ピアスに意味があるというのを聞いたことありませんか?ピアスの数やつける位置によっても意味…
  10. 皆様は、ピアスをつける個数や場所によって意味が異なることをご存知ですか?ピアスによって運気が向上…
PAGE TOP